なな余り家計簿

 

 

こんにちは!

私が20年以上効果を実感している、自然にお金が貯まる家計簿をご紹介したいと思います。

なんと、7ヶ月ごとにひと月分の生活費が余る家計簿です! 名付けて「なな余り家計簿」。

身近な材料でかんたんに作れるんですよ。なかでも、バイブル(聖書)サイズのシステム手帳で作るのが超おすすめです。

 

 

なんでお金が余るかというと、

1ヶ月のお給料を5週間(35)で使って、少しずつお金を余らせていくからです。

 

私は22年ほど使い続けていますが、7ヶ月ごとに必ず、1ヶ月分の生活費がまるっと浮きます。

ほんとうです。 ですから家計簿はこれ以外に考えられません。

 「なな余り」のしくみをひとことで説明すると、こんな感じです。

説明写真

 

1ヶ月分のお給料を5週間(35日間)で使うのがポイントです。

 

30(または31日)分のお給料を35日で使うと、

次のお給料を使い始める日が4~5日先送りされていきますよね。

 

それを7回くり返すと、4~5日ずつ先送り✕7回=31.5日先送り。

つまり7ヶ月後には「手つかずの生活費が丸々あるのに」、

給料日が来てしまう。

「まだ生活費を使っていないのに、新しいお給料をもらっちゃったヽ(´▽`)/」

という日がやってくるのです。

 

それが7ヶ月おきにやってくるわけですね。

 

そんな「なな余り家計簿」の作り方はかんたんで、

 

1  予算分けを考える
2  お札を5週間に分ける
3  カレンダーに1週~5週までの印をつける(いま何週間めかわかるようにする)。

これだけです!

7ヶ月ごとに生活費が余るから、「なな余り家計簿」。

 

では、これをバイブル(聖書)サイズのシステム手帳でつくるコツと手順を具体的に説明していきます。

バイブルサイズはあつらえたようにお札ぴったりサイズで、気持ちいいの~  (*´▽`*)❀ 


 

未分類

1ヶ月のお給料を5週間(35)で使うことで7ヶ月ごとにお金が自然に貯まる(余る)「なな余り家計簿」は、「バイブルサイズのシステム手帳」でつくるのが最適です。

お札サイズにぴったんこで、使うたびに気持ちいいからです!

とりあえず家にあるもので作りたいときは封筒でも作れます(詳細はこちら)。

百均(ダイソーやセリアなど)の文房具で作ることもできます(詳細はこちら)。

 

ここでは「バイブルサイズのシステム手帳」で作る方法を説明していきますよ!

【用意するもの】

  • バイブルサイズのシステム手帳      アマゾンや楽天で買えます。
  • バイブルサイズ用の「クリアポケット」。 アマゾンや楽天で買えます。
  • タブインデックス。           アマゾンや楽天で買えます。
  • 白いラベルシール。はがせるやつが◎。  ダイソーなどの百均で買えます。

※「なな余り家計簿」にピッタンコのお薦めシステム手帳はこちらをご参照くださいね。

 

 

【ざっくり手順】
❶  予算分けを考える
❷ お札を5週間に分ける
❸ カレンダーに1週~5週の印をつける(いま何週間めかわかるようにする)。

 

❶ 予算分けを考える

お給料が出ました。さて。いくら口座にお金を残して、いくらを食費にするのか。

生活費の全体像をつかみながら、予算分けしないといけません。

 

予算分けにあたってちょっとおさらい。なな余り家計簿のイメージは

説明写真(小さい)

 

でした。整理すると、

●1ヶ月単位で管理するお金

· 携帯代、光熱費、駐車場代、月謝など。

· 交際費、医療費、美容費、服・下着など、1ヶ月単位で使うのがちょうどいいお金。

●1週単位で使うお金

·  食費+日用品(スーパーでの買い物)。

·  パパ、ママ、子どものおこずかい……など。

 

この考え方をベースに、1ヶ月分のお給料を予算分けしましょう。

こんなとき、自動計算してくれるエクセルEXCELがあると便利ですよね。

必要な項目が用意されていて、数字を入力するだけで予算分けを自動計算してくれる

すてきなエクセルEXCEL……なかったので私がつくりました! かんたんに予算分けできて自動計算してくれるEXCEL!! 

 

お金の流れや全体像がひとめで見渡せるA4一枚の家計簿がほしくて

さんざん探したんですよ。

いまはどうかわかりませんけれど、私が探した当時はなかったので自分で作ったのです。

 

↓ こんな感じです。

数字入りyosan_wake

 

大サービスで無料でダウンロードできるように貼っておきますよっ(*´・∀・) 

Let’s ダウンロード!! 

 

次は、

❷  お札を5週間に分ける  です。

用意するもの:

  • バイブルサイズ用の「クリアポケット」。 アマゾンや楽天で手に入ります。
  • タブインデックス。これもアマゾンや楽天で買えます。
  • 白いラベルシール。はがせるやつが◎。ダイソーなどの百均で売っています。

 

❶「1ヶ月」でやりくりするお金のラベルをつくります。貼ります。

❷「1週間」でやりくりするお金のラベルを1週~5週までつくります。貼ります。(写真C)

・食費+日用品   1週め/2週め/3週め/4週め/5週め

・パパおこずかい  1週め/2週め/3週め/4週め/5週め

・ママおこずかい  1週め/2週め/3週め/4週め/5週め

・太郎おこずかい  1週め/2週め/3週め/4週め/5週め

・花子おこずかい  1週め/2週め/3週め/4週め/5週め

 

次は最後のひと仕上げです!

❸ カレンダーに5週間ごとの目印を入れる

 

システム手帳(バイブルサイズ)の手帳カバー内側に貼れるくらいのサイズの

年間カレンダーをダウンロードして、

1週目、2週目、3週目、4週目、5週目、1週目…と印をつけていきます。

↓ こんなふうに年間カレンダーをつくりましょう。

私はいつも「パソコンカレンダーサイトさん」からダウンロードさせていただいて、

色ペンで目印を付けています。

月・日曜はじまりを設定できたり、文字フォントが選べたり、シンプルで素敵なのでおすすめですよ。

↓リンク先ページの、上から2番目の標準タイプ 枠なし[ sp-0201 ]がおすすめです。

http://www.pasokoncalendar.com/editor/yearb_form.php

未分類

なな余り家計簿をつくるのにおすすめのシステム手帳を探してきました。

基準は、

●お札ジャストサイズで気持ちいい

●買いやすいお値段

●可愛い(๑><๑)

 

ちなみにお札を入れるクリアポケットはタテ170mm、横98105mm程度の「バイブルサイズ用」がぴったりです。これより小さいものを選ばないように注意してくださいね。まちがえて「ミニ6穴」「A6」のシステム手帳を買ってしまうと、お札が入らないのでメルカリに出す羽目になってしまいます。

ファイロファックス システム手帳 ドミノ バイブル  4,860円(税込)

店頭で手に取ったとき思わずため息が出ましたよ。

いや、さすがにファイロファックス!と称賛したい品質とたたずまいです。

 

 

 

ファイロファックス システム手帳 サフィアーノ コンパクトジップ  8,640(税込)

ファイロファックスって素晴らしいなと思うのは、サイズの種類の多さ! ほかのブランドではバイブルサイズがお薦めですが、ファイロファックスは通常のバイブルサイズよりもさらにお札にぴったりの「コンパクト」「コンパクトジップ」シリーズがあってうれしくなります。持ち歩きにはジップ付きの「コンパクトジップ」が超おすすめです。

 

 

アンティークレザーのシステム手帳 1,700円

お値段、なんと1,700円! お手頃ですね。色柄は「蝶」のほか、「エッフェル塔」やヨーロッパの切手をコラージュした「切手」などがあります。リングが2つのタイプも同じページ内で売られているので間違えないようにしてくださいね。6穴は「Aタイプ」ですよ。最初はカバーが硬いというデメリットもあるようです。

KAKURA バイブルシステム手帳 9,180円(税込)

手仕事を大切にする女性デザイナー石原ゆかりさんがつくったブランド、KAKURAの本革システム手帳です。革のたたずまいがたまらなく好きという人におすすめ。巻きデザインが和っぽくてしっくりと美しいですね。一枚革で包み込むデザイン。こちらのサイトでは名入れサービスもおこなっています。

KAKURA カクラ バイブル システム手帳【ウルシ】 9,180円(税込)

上記KAKURAのうるしシリーズ。漆黒のナチュラルなヌメ革が赤の革紐で引き立ち、本当の漆塗りのように美しいですね。

 

レイメイ藤井Davinci(ダ・ヴィンチ)システム手帳 リフィルファイルポケット

レイメイ藤井 リフィルファイル 聖書 合皮

created by Rinker

楽天で税込679円!+送料180円。 すばらしいですね。リフィルファイルポケットという商品名ですが、ふつうにシステム手帳として使えます。上記に好きなタイプがない人はとりあえずこれで始めてみるのがいいんじゃないでしょうか。

未分類

【用意するもの】

  • A5のルーズリーフ(バインダー) ※インデックスページ付き!
  • A5のルーズリーフ「クリアポケット」
  • 白いシールまたは付箋

 

作る前にもういちど「なな余り家計簿」のイメージを見てみましょう。

【ざっくり手順】

❶  上の写真を参考に、予算分けを考える。

❷ お札を5週間に分ける

❸ カレンダーに1週~5週の印をつける(いま何週間めかわかるようにする)。

 

❶  予算分けを考える

※くわしくはシステム手帳で「なな余り家計簿」つくる方法をご参照ください。

1ヶ月分のお給料を予算分けします。

  • 1ヶ月単位で管理するお金
  • 携帯代、光熱費、駐車場代、月謝など。
  • 交際費、医療費、美容費、服・下着など、1ヶ月単位で使うのがちょうどいいお金。

 

  • 1週単位で使うお金
  • 食費+日用品(スーパーでの買い物)。
  • パパ、ママ、子どものおこずかい……など。

 

この考え方をベースに、1ヶ月分のお給料を予算分けします。

自動計算してくれるエクセルEXCELをつくったのでよかったらダウンロードしてお役立てくださいね。

A4一枚でかんたんに予算分けできて自動計算してくれて、お金の流れや全体像がひとめで見渡せますよ! 

↓ こんな感じです。

数字入りyosan_wake

 

Let’s ダウンロード!! (*´・∀・)!! 

 

 

 

❷  お札を5週間に分ける

まず、月単位で払うお金のラベルをつくります。貼ります。

❷「1週間」でやりくりするお金のラベルを1週~5週までつくります。貼ります。

・食費+日用品   1週め/2週め/3週め/4週め/5週め

・パパおこずかい  1週め/2週め/3週め/4週め/5週め

・ママおこずかい  1週め/2週め/3週め/4週め/5週め

・太郎おこずかい  1週め/2週め/3週め/4週め/5週め

・花子おこずかい  1週め/2週め/3週め/4週め/5週め

・食費+日用品 1週目/2週目/3週目/4週目/5週目

 

 

綴じます。インデックスに見出しをつけます。

 

❸ カレンダーに1週~5週の印をつける(いま何週間めかわかるようにする)。

年間カレンダーをダウンロードして、

1週目、2週目、3週目、4週目、5週目、1週目…と印をつけていきます。

↓ こんなふうに年間カレンダーをつくりましょう。

私はいつも「パソコンカレンダーサイトさん」からダウンロードさせていただいて、

色ペンで目印を付けています。

月・日曜はじまりを設定できたり、文字フォントが選べたり、シンプルで素敵なのでおすすめですよ。

↓リンク先ページの、上から2番目の標準タイプ 枠なし[ sp-0201 ]がおすすめです。

パソコンカレンダーサイトさん

 

くわしくはシステム手帳で「なな余り家計簿」つくる方法をご参照くださいね!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

 

未分類

まあちょっと上のタイトルにはレトリック(文学的表現)が入っていまして、

報奨金という名目で政府から銀行口座にお金が振り込まれるわけではありません。

 

実際には年末調整のときひっそり「4~8万円お給料が増える」という形になります。

明細がないのでわかりにくいし、お給料の年末調整にまじってしまうのですごーーく地味だしわかりにくいです。

 

ですが、実質は「政府から報奨金が4~8万円配られる」のと同じことです。

 

では、説明しますね。

※厚生年金を払っている会社員の場合●万円、国民年金を払っている自営業者の場合●万円が目安。ともに月額限度額12,00068,000円をiDECOで積立預金した人の場合。

 

未分類

なな余り家計簿を活用するためのエクセルEXCEL無料ダウンロード広場です。

 

【無料ダウンロード❶】自動予算分けEXCELエクセル

まずは、なな余り家計簿を作るのに必要な「予算分け自動計算エクセル」です。

予算分けシートであると同時に、お金の流れや収支全体像がひとめで見渡せるA4シートになっているので、

なかなか便利ですよ。

数字入りyosan_wake

 

↓ここから無料でダウンロードできますっ

 

私は20年以上なな余り家計簿を実践して「記録」は必要ないと悟っていますが、

初心者の方は記録が残らないと不安かもしれませんね。

 

【無料ダウンロード❷】支出メモ

支出を意識づけするために記録するのもアリ。出費メモを無料でダウンロードしてお使いください。

 

じつは私も最初の頃は、お金を入れたクリアポケットにセロテープでメモ用紙を貼って

支出を記録していました。

レシートもなんとなーく保管していました。

 

私が自作したエクセル(EXCEL)の支出メモ用紙を無料でダウンロードできるようにしたので、

ご希望の方はどうぞご利用くださいね。 

★Spending-Memo-

 

↓ここから無料ダウンロードどうぞ。

 

 

【無料ダウンロード❸】光熱費の直近3年同月比較グラフEXCELエクセル

光熱費の直近3年同月比較グラフエクセルEXCELをつくりました。無料ダウンロードどうぞ!

光熱費はほかの月と比べても意味がありませんよね。

真夏にガンガンに効かせたエアコンのせいで膨大に膨らんだ8月の電気代を、

3月の電気代と比較しても意味ないですよね。

 

というわけで、光熱費は「前年同月比」が命。

かんたんに無駄遣いをグラフで可視化できるエクセルをつくったので、

よかったらお役立てくださいね。

★Electric_3years 

 

★GAS_3years 

 

★WATER_3years 

↓ ぜんぶ無料でダウンロードできますよ

 

 

【無料ダウンロード❹】貯蓄管理表EXCELエクセル

 

『なな余り家計簿』で浮いたお金を手堅く運用して増やしていくことが大切ですが、

励みになるのが、貯蓄の記録です。

 

とりあえず私が使っている自作のエクセルを貼っておくので、よかったら無料ダウンロードどうぞ~!

★chohiku

↓ダウンロードはこちらから。

将来はもうちょっと完成度を高めて提供したいと考えています。

完成したらお知らせしますね (*´・∀・) 

 

 

未分類

私は20年以上なな余り家計簿を実践して「記録」は必要ないと悟っていますが、

初心者の方は記録が残らないと不安かもしれません。

【応用❶】

支出を意識づけするために記録するのもアリ。

出費メモを無料でダウンロードしてお使いください。

じつは私も最初の頃は、お金を入れたクリアポケットにセロテープでメモ用紙を貼って支出を記録していました。

レシートもなんとなく保管していました。

そのとき自分で作ったエクセル(EXCEL)の支出メモ用紙を

無料でダウンロードできるようにしたので、ご希望の方はどうぞご利用くださいね。

 

ここから無料ダウンロードどうぞ。

 

 

【応用❷】

光熱費の「直近3年同月比較グラフ」を自動作成できる

エクセルEXCELをつくりました。無料ダウンロードどうぞ。

光熱費はほかの月と比べても意味がありません。

真夏にガンガンに効かせたエアコンのせいで膨大に膨らんだ8月の電気代を、

3月の電気代と比較しても意味ないですよね。

というわけで、光熱費は「前年同月比」が命。

かんたんに無駄遣いをグラフで可視化できるエクセルをつくったので、よかったらお役立てください。

 

 

 

 

 

【応用❸】

貯蓄はしっかりエクセルEXCELで管理しましょう。

これも無料ダウンロードどうぞ。

このブログでは『なな余り家計簿』で浮いたお金を手堅く運用して増やしていく方法も

娘に伝えるつもりでこのブログに記録化していきます。

 

その際に励みになるのが、貯蓄の記録です。

とりあえず私が使っている自作のエクセルを貼っておくので、よかったら使ってください。

 

 

将来はもうちょっと完成度を高めて提供したいと考えています。

完成したらお知らせしますね。

 

未分類

Q いつから始めるのが最適ですか?

A 月曜日から始めるのが気分的に最適です。お給料日の次の月曜から始めてみてください。

Q 袋分けした予算ぎ足りなくなった場合はどうしますか?

A ほかの週、または毎月単位のお金(交際費や雑費など)から借りてください。できれば借用メモを残して、余裕ができたら返済しましょう。

そうすることで予算内で暮らすリズムが身に付きます。

あまりにも毎回お金が足りなくなるときは予算設定にムリがあるのかもしれません。最初は少しきつめに予算配分しておいて、どうしてもムリな場合は少し予算を増やす。これをくり返すのがコツです。そうすることで身の丈に合う最適の予算配分がわかってきます。

 

Q スタートから数ヶ月たちました。週単位で使うお金がまだクリアポケットに入っているのに、新しいお給料をもらいました。この新しいお金はどこに収納するべきですか?

A 毎月単位で使うお金は、毎月単位のクリアポケットにふつうに入れます。週単位で使うお金は、「NEXT」とメモ用紙に書いてお札といっしょにクリップで留めて、各週のクリアポケットの中の、いま入っているお札の背面に入れます。

(写真)

Q 7ヶ月たって生活費が余ったらどう使うのが正解ですか?

A もちろん使い道は自由ですが、ご褒美としてレジャー費に充てるか、将来のための貯蓄に充てるのがいいと思います。これは私の経験ですが、ご褒美が出るとうれしくてがんばって続けようと思うからです。生活費に充当してしまうと、メリハリのない倹約ばかりの生活になって楽しくないんです。家計が苦しい場合はいつもよりちょっぴり高価なスイーツを買うなど、少しだけ贅沢してはいかがでしようか。

Q 交際費や医療費は毎月単位が管理しやすいですが、35日間で使うという手もありますね?

A そのとおりです!それができたら、7ヶ月ごとに余るお金がさらに増えますね。ぜひそうしてみてください。

 

 

未分類

娘が就職したら、絶対にしてほしいことがあります。それは、

必ずお金が貯まる「仕組み」を生活の中に作る。

ということです。

 

駅伝の強豪である青山学院は、比較的最近まで箱根駅伝におよそ縁のない弱小集団でしたが、原監督が就任してからは毎年のように優勝を狙える強いチームになりました。それは、選手ひとりひとりが優勝に必要な力を獲得できるよう、原監督がしくみをつくったからです。

 いま世界中で愛されている「無印良品」はむかし赤字に陥っていましたが、松井忠三さんという当時の社長が 「仕事がきちんと進むしくみ」 を作って、V字回復を成し遂げました。松井忠三さんは著書の中で「仕事は“しくみ”がすべて」と言っています。

 

 「しくみ」が作れれば、むずかしいことを成し遂げられるんですね。

 

 これは「プロジェクト・マネジメント」というビジネスの考え方です。

 仕事がうまくいくしくみを作って、そこから逸れないように注意すれば、仕事がうまくいく。

 お金を貯めることも、プロジェクトと考えればいい。

 お金が自然に貯まるしくみを作れば、お金が自然に貯まる。 

 しくみさえ作れたら、成功したも同然です!

 

 プロジェクトで大事なのは「しくみ作り」であって、作業するときの熱心さはそんなに大事じゃない。エネルギーを注ぐべきは「しくみ作り」だね。うっかり作業に心血を注いでしまうと達成感が大きいから有意義なことを成し遂げた気になっちゃうけど、それは自分へのごまかしですね。本当にしなければいけない核心から逃げているとも言えます。

 

 では、具体的にどんなしくみを作ればいいか説明しましょう。

 大基本は3つ。

❶自然にお金が貯まる「家計簿」をつくる。→ いまのところベストな方法は「なな余り家計簿」です。

❷20年後のために経済成長にお金を乗せる。→米国のETFを少しずつ買うのが現状のベスト。

❸65歳からの生活のために給料天引き貯金を設定する。→ideco定期貯金が断然いい。

 

では、具体的にすぐ起こすべきアクションを説明していきましょう。

つづけて、お金が自然に貯まる『なな余り家計簿』のつくり方を読む。